社会保険労務士とは

*

社会保険労務士とは

現在注目されている資格の中の一つに、社会保険労務士があります。


社会保険労務士とは、従業員の採用から労働環境、労働条件、
退職までの一切を担当する専門家をさします。
では具体的に、雇用から退職までの中で、社会保険労務士はどのように活躍するのでしょうか?


例えば従業員を雇うためには、雇用契約を会社と雇用者の間で結びます。
契約を交わすときに、雇用主は雇用者を保護するための条件を整備しないといけません。
失業した場合の雇用保険の加入や厚生年金の加入、健康保険なども含まれます。

このような仕組みに関して専門家の見地からアドバイスを行うのが、社会保険労務士です。

また契約書などの作成も当人に代わって行うこともあります。
その他にも、労働や雇用などについての各種相談に乗ります。
サラリーマンのような会社勤務している人だけでなく、
個人事業主やフリーランスに対する各種相談も受け付けています。

社会で仕事をしている人すべてのアドバイザーとも言えます。

特に最近では、年金に関する問題が社会問題化しています。

厚生年金は会社と個人が折半で支払うのですが、
会社が支払いをしていなかったなどのトラブルも発生しています。

このような老後のお金の問題に関して、
プロとして社会保険労務士の役割は今後ますます重視されるのではないでしょうか?

国家資格であり、難易度の高い試験を合格しないといけません。

であるからこそ、資格取得している人はそのこと自体が社会で活躍するための有力な武器になりえます。